ギャンブルや投機的売買に手を出して失敗しない一番のポイントは、それ相応の知識を付けてから挑むということです。
 お金を儲けたいから手を出す、ということ自体は否定されるものではありませんが知識もないのに手を出して損をしても誰も助けてはもらえませんし、知識がなければ失敗することも増え、失敗した後の対処法もわからないということになってしまいます。
 そしてもう一つのポイントとして儲けるのではなくて、損をしないということと儲けようという欲を出さないという事を考えるという事で、行ってしまえば収支がプラスになることを目指すのではなくて、なるべくマイナスにならないことを目指すという事です。
 初心者と中級から上級者の違いはそこにあり、大きく儲けたいと思って賭けに出たり、マイナスになってしまったが次こそは復活すると思って同じ行為を行ったりその賭けを続けたりと、引き時をわきまえないというのが初心者にありがちなミスなのです。
 賭博であっても投機であっても、儲けが100パーセントでるという事はありえず、一回儲けたからと言って次も儲けれるなんてことはりません。なので、もしはずれを引いてしまった場合以下に手早く撤退ができるか、というのが一番のポイントとなってきます。