大学卒業後、皆さんはどのようなキャリアを歩んでいくのでしょうか。 既に就職を決めて就業目前の人も入れば、学生時代に既に起業して既にバリバリと働いている人もいることでしょう。

では、皆さんはその労働の結果得た賃金や報酬をどのように使っていくかを考えているでしょうか? 貯金をしますか。投資・投機しますか。それとも、自己投資しますか。 様々な選択肢が見えてきます。

社会人になって、1年目は仕事を覚えることで精一杯。賃金も安いものと考えられます。 お金は自己投資に回る分が多くなります。 1年目以降は、徐々に割合が自己投資よりも貯金や投資・投機に回る分が多くなっていきます。 5年目前後の仕事も忙しくなってきた頃に結婚が入ります。 結婚を機に家を買う人も多くいます。 家を買うということは、多くの方は住宅ローンを組むことになります。 問題はこのローンを何歳で返し終えることができるのかです。 多くの方は定年前には完済されますが、退職金で一部を払う方、年金で払う方様々な方がいらっしゃいます。 働いて返していくことはもちろん可能です。出世すれば給料も増えていきますから、返済は楽になっていきます。 では、もっと楽にしようと思ったら貯金を投資・投機などにまわしてみるということもできます。 もちろんリスクは伴いますから注意は必要です。しかし、金融商品によっては元本保証がついている商品などもあります。それは買う人の予算や性格などにあったものを買うといいかと思います。

住宅ローンを軸に人生設計してみるのも一つの手です。