クレジットカードというのは非常に便利なものです。特に現金を持っていなくても欲しい物を買えるというのが特別優れている点です。電子マネーにも同じような特徴はありますが、電子マネーの場合は初めに現金を用意してチャージしないといけません。しかし、カードの場合は、お金をチャージしなくても利用限度額の範囲内であればカード会社が一時的にお金を立て替えてくれるのです。
ただ、便利だからといって無計画にカードを使っていくと、後々大変なことになってしまいます。カードを使えば、約一ヶ月後には支払いが待っています。その支払日に現金を用意出来なければ延滞ということになってしまいますし、そのまま放置していると督促の電話がかかってくるようになります。
なので、カードを使う場合、自分にとってこの商品、あるいはサービスは本当に必要なものなのか、返済日にお金を用意出来るのかということを考えるようにしましょう。そして、もし、この商品は不要である、返済日にお金を用意することは出来ないということであればカードでの購入を見送りましょう。
カードというのは便利な反面、使いすぎれば非常に怖いものです。自制心を持って利用しないといけません。